時々更新書<再>

ジャンル:イラストブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オリキャラNo.008は黒いコートの頼れる兄貴

 随分と放置状態でしたが第8回目は「暁の鷹」から、黒衣を着た第二の主人公、カシム・アブ・バクルを紹介します。

 このキャラクターは「暁の鷹」にて主人公アサド・ムジャヒッディーンの兄弟子として登場します。ムハマド大導師の一番弟子ですが、事情により後継者から外されてしまいました。アサドよりも大柄で腕っ節が強いため軍隊に入り、大導師亡き後の暫定政権五柱(いつはしら)の命で、国内のイザコザを力で抑えつけています。国が内乱状態になるとアサドと再会して、彼にリーダーとしての役目を果たすよう迫ってきます。偉大な師が築いた国が、落ちぶれて無茶苦茶になるのを黙って見ている訳にはいかなかった――的な理由で。

  外見は黒いコートにマフラーを首に巻いています。アサドは正式な後継者である五芒星なのに対し、カシムは六芒星がシンボル。アドバイスをくれたり、共同戦線を張ったり、何だかんだで頼りになる兄貴分。アサドが猛隼(たけはや)なのに対し、カシムは勇鷹(いさたか)という愛称で呼ばれています。カシムの名前に関しては、メモ書きとかでもコロコロと変更されまくってて、困ったので、単に「カシム」と呼ぶほうが多いです。
カシム黒の主人公・勇鷹
 第二の主人公ですが、あんまり人相は良くないです。ボサボサ頭といい、目の下に黒い隈と粗野なイメージが強いです。
『暁の鷹』_弐之巻_堕ちた鷹は契りを交わす
 彼は内乱で死にかけた折に、禍津(まがつ)と契約して命を繋ぎ止めた為、既に生きた人間ではありません。その事はアサドには伏せて、彼の協力をしながら一方で破壊活動を行います。この辺の設定は纏めらなくて、今現在でもグダグダになっちゃってます。禍津の闇に当てられ操られてではなく、自分の意思で禍津の破壊活動に加わってる方向。そしてそれが、結果として主人公アサドを成長させていく……そんなキャラクターにしていきたいんですけどねー……辻褄合わせとかメンドクサイわー。

 絵を描くことと、文章を書いてお話を作るのは全然別次元だって、この時に凄く思いましたね。だから漫画家さんは凄いなと思ったわけですよ。全然違う二つをブレンドするんですから。私は絵描きなので、一場面を描ききるので精一杯です(-_-;)

 では、今回はこの辺で。誤字脱字等あったらゴメンなさいです;
 次にこのカテゴリを更新するのはいつになる事やら……。
スポンサーサイト

| オリキャラ図鑑 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリキャラNo.007は口の立つおませさん

 第七回目はデコが特徴の小さい子、「エルサ・ベルモンドー」を紹介します。シリーズイラストSMOKY_CAT」では、一応飼い主ポジションのキャラクターです。と言っても猫は放し飼いなんで、あんまり拘らずに描いてますね。
SMOKY_CAT_episode_12昼下がりデコ子
 最初のうちはスモーキーが散歩途中で出会うだけの、その時限りのキャラとして考えてたんですよ。名前も無くて「デコ子」って呼んでましたし。でも、子供が動物抱っこしてる絵って、誰でも簡単に思いつくでしょ?マスコットし易かったので、そのままエンブレムまで作っちゃった訳です。
Web掲載用スモーキーエンブレム
 小さいながら、自分で贈り物を作ったり、なかなか器用で賢い女の子です。ちなみに上のブランコのイラストですが、手に持ってるのは担任の先生にあげるつもりで作ったんですよ~。
エルサ・ベルモンドー
 服装について。ボーダーシャツの上にピンクシャツを重ね着。デニムサロペットを履いてます。ちょっとお洒落な子供服。元のスケッチだと釣り紐が片方、ずり落ちちゃってますね。髪はクセ毛で、頭のてっぺんに結い上げてます。眉は元々、短かったんですけど、最近描いたデジ絵だと細長くなってますね。こっちはちょっと淑やかになっちゃって、活発さが抜けちゃったのが反省。
新作「静かな昼下がり」完成版
 スモーキーを両手抱っこしてしてるのが定番化してるので、次に描く時はなんか別のポーズを取らせないといけませんね。そこも今後の課題ということで。

 前回の紹介記事が長すぎた反動で、かなりアッサリさしてみました。幾分かマシに見えるでしょうか?あとで自分でもスマホから閲覧してみよう。
 今週は日付変更ギリギリに更新したりと、申し訳なかったですね。来週は無いように気をつけます;
 では、また来週会いましょう!^^ノシ

| オリキャラ図鑑 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリキャラNo.006は虚無と混沌の支配者

 第6回目となる今回紹介するのは、私のオリジナルイラスト暁の鷹」から、真っ黒い和風ゴシックの衣装に身を包む通称「ヒメちゃん」こと「禍津姫(マガツノヒメ)」です。この少女キャラクターは第2回目で紹介した白いターバンの主人公・猛隼(タケハヤ)とは敵対関係にあります。
 外見はこのとおり、和風ゴシックにショールを羽織り、黒百合の花飾りをつけた可憐な少女の姿をしています。実はスモーキーの次くらい、いやもしかしたらそれ以上に人気かもしれないですね。
禍津媛愛しのザクロ
 正体は黄泉の岩戸に封じられた「虚無と混沌の支配者」で、主人公らが住む世界葦原中津(ヨシワラナカツ)を蛭子(ヒルコ)と呼ぶ自分の子供たち(辺境部族が信奉する神々)に破壊してもらうことが目的。元々、葦原中津を破壊と混乱で満たす筈だったが、彼女の子のうちの一人が力を持ちすぎていた為、その彼によって葦原は平定されてしまったわけです。長き眠りについた禍津は、いつの日か目的を遂げる時を岩戸の向こうで待っているんですよ。

 ここからは下はデザインと性格、いわゆるキャラデザに関するお話です。
 実はこの子のデザインのキッカケはかなり単純なんですよ。2009年のミスユニバースに出場した日本代表の衣装が酷すぎで、頭に来たからなんです。あのフランス人デザイナーは「和」を理解してないでしょ。絶対に許さない。絶対にだ。

 ここまでの段階ではまだ「底無しのカオス」というコンセプトだけだったんですが、「底がなくて混沌って、つまりどういうことだってばよ??」と再び思考停止状態に。カオスなキャラクターと言えば、私の中だと「もののけ姫」に登場した祟り神とか、ホラーゲーム「SIREN」シリーズの屍人たちだったので「アレとは違う自分なりの解釈で作らないといけないな;」としばらく頭を捻って、子供の頃に聴いてすごく不安になった谷山浩子さんの「夢のスープ」を思い出したんです。それをYouTubeで何度もループ再生してイメージを固めました。

 お嬢様っぽい少女の姿にしたのは、人の器で覆い隠すことによって怖さを引き立たせたかったんです。彼女の黒いグルグルお目々はそういう意味でデザインしました。和風ゴシックも「ミスコンのあの衣装のカオスさは敵キャラにピッタリじゃね?」てことで取り入れたんです。体型も、お人形さんみたいな5頭身で肩幅が狭く、手足は華奢で繊細です。全身イメージ画像は模様描くの大変なんでバッサリ省略しました^^;
常夜の皇・禍津媛禍津媛と蝦蟇顔の獣横顔禍津姫全身イメージ
 性格は残忍、傲慢、我が儘、身勝手で、永遠に変わらない自分だけがこの世で一番美しく可愛いと思っています。「季節」などの移ろいゆくもの、儚くすぐに散ってしまう花、変わらずに平和のままにある葦原、自分と似ている人形が大嫌い。逆に、むしり取った蝶の羽や滴る鮮血、熟れて開ききったザクロなどが好き。特にザクロは、割れた頭や潰れた心臓を連想するのでとても気に入っているらしいです。
 また、彼女がさし出すザクロは黄泉戸喫(よもつへぐい)であり、食べれば人間離れした能力を得ることができます。主人公・猛隼の兄弟子は、これを契約の証として食べてしまうのですが……、それはまた後々の紹介記事に書こうと思います。

 今回はここまで!たくさん書いて疲れました……(;X_X)=3長文なので、誤字脱字があるかもしれないなw
 ではまた次回、お会いしましょう!

| オリキャラ図鑑 | 20:32 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

オリキャラNo.005はお喋りなブラックバード

 今日は遅めの更新でスミマセンm(_)m
 今回紹介するキャラクターは、スモーキーといつも一緒にいて、お喋り好きのブラックバードのニグロの話をしようと思います。
SMOKY_CAT_episode_05SMOKY_CAT_episode_11
 この鳥さんはお喋り好きでお調子者。頭に被ったテンガロンハットがトレードマーク。無口なスモーキーの頭の上でクルクル飛び回りながら、延々とどうでもいい話をしてるイメージ。名前の「ニグロ(またはネグロ)」はスペイン語で「黒」の意味です。
ブラックバードのニグロ
 このブラックバード、バークレーではハトなんかと一緒にその辺で普通に見かけることができます。日本の鳥で例えると、スズメやカラスくらいメジャーな鳥ですね。真っ黒い体に口と足が黄色かったのを覚えています。なんか、写真だと足が黒かったり黄色かったり、羽の一部に色がついてたり……。自分が昔見たヤツはどうだったのか、分からなくなってきました;
 実は鳥キャラ候補には他にハチドリなんかも考えていました。
アンナ・ハチドリ
 アンナハチドリもカリフォリニアで見れる鳥で、私が住んでたアパートの庭によく飛んできてました。最初は大きなハチでも飛んでるのかと思って、すごく怖がってたんですよね~^^;碧い羽をしてるので、遠くからでもハッキリ見れます。もし行く機会があれば、向こうでバードウォッチングをして探してみると良いかも?

 最後のほうはキャラ紹介とは違った形になりましたが、いかがだったでしょうか?動物キャラクターだから、退屈した人もいたかな?
 今日は急拵えな、紹介記事になって申し訳ないです;;次はこうならないようにしますねorz
 ではまた次回に!

| オリキャラ図鑑 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

オリキャラNo.004はクールで謎だらけの少女

 過去の自作絵から、登場キャラを紹介するこの記事も今回で4回目ですね。今のところは順調に週一ペースで上げられてて安心。
 ではいってみようかー!

 四番バッターはクールで謎の多い少女「白根葵」を取り上げます。このキャラクターは2010年にTINAMI内で小説を投稿していた早村友裕さんの作品「無関心の災厄」とコラボで描いたキャラクターです。投稿した小説のTOP絵に飾られたりしました。この他にも多くの登場人物を描かせてもらいましたが、今回は的を絞って葵さん一人の紹介になります。
無関心の災厄Ⅱ静かな沼のほとりで
 作中では珪素生命体(シリカ)と接触のある主人公・柊護(ヒイラギマモル)たちの監視役として、クラスに転校してきます。性格は無口・無表情でとても冷静です。シリカの持つ「水晶の爪」を両手武器として使いますが、第一章「シラネアオイ」にてアッサリ破壊されちゃったり(相手が悪すぎたのもありますが^^;)、不意を衝かれると取り乱すシーンもあったり……あとあと可愛い一面を見せ始めるキャラクターでしたね。
ポーカーフェイスな君(白根葵)白根葵・攻式白根葵ラフスケッチ
 登場人物たちのデザインについては、事細かな縛りはなかっと思います。大まかな外見と性格を知らされてから、それを元に当時の自分の赴くままにデザインしてましたね。そうそう、深緑色の上品な制服ですが、母校のベージュのブレザーを参考に、色だけ変えてます。武器となる「水晶の爪」は結晶から削り出したみたいな、無機質だけど生物的な感じにしてます。骨とか殻を参考にしました。指の関節部を見てのとおり、珪素生命体は有機生命体である人間とは全然違う生き物であることが分かりますね。半人半獣の姿で生活し、服も着てるし人語も話す。私の中ではシリカは座敷童子のイメージですね。

 デッサンも兼ねて、久しぶりに葵さんを描いてみることに。上からしゃがみポーズを見下ろしてみました。今日は雨なので、ついでにレインコート着せてみた。二年前のと比べると、大人びた印象に出来上がりましたね。成長して自立した女性みたいな雰囲気が漂ってます。これはこれでカッコイイ!w
白根葵_しゃがみポーズ
 去年の夏からですが、あんまり可愛いデザインは描かなくなりました。今だとデジ絵のほうでファンシーなのを作り中ですが、この前の手描き線画もこのとおり男主人公ですし、大分前にあげたカラーイラストイナンナの末裔」もオッサンと美女でした。きっと可愛いのは既に周りに揃ってるから、あえてカッコイイのとか綺麗なのを選んでるんですよ、自分の中で。そういうことにしておこう。

 では、今日は長々となりましたが、この辺で失礼しますよ。またねー(^^)/

| オリキャラ図鑑 | 17:08 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。