時々更新書<再>

ジャンル:イラストブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レゴのミニカー紹介その3

 第三回目は旧車を題材にしてみました。海外のレゴファンが作ってた作品が渋くてカッコ良かったので、写真と睨めっこしながら分割線を頼りにLDD上にて再現。最終的に同じ形に仕上がれば大丈夫だ、問題ないッ!ww
LEGOクラシックカーズ

 今回紹介するのは50年頃に登場したフォード・マーキュリー。実車はこんな渋いお爺ちゃんです(笑)。フロントグリルが髭っぽく見えませんか?丸々っとした外観は、ブロックカーとして再現するのに非常に難しそうに見えます。それをミニカーサイズって……無理ちゃうか?(- -;)
1950Mercury

 ところが出来ちゃうんだなぁー、これが……。

50年式フォード・マーキュリークーペ1
50年式フォード・マーキュリークーペ2
 レゴ・ミニカー、50年式マーキュリー完成版。
 車幅は凸5ポチ!奇数幅ですよ、これ!最初に写真見た時は「どうやって組むの??」って感じでした。だってミニサイズの軸受ブロックは幅4~6ポチじゃないですか。片軸なら融通利きそうな感じするけど。これ作った外人さん、ホント凄いですね。他に言葉浮ばない^^;

 ではでは、構造をチョロッとだけ紹介~。裏側はこんな感じにセンターにびっしり2面スタッドブロックを使用。その外側にヘッドライトブロックを接続。板状ブロックを継ぎ足して、後輪をカバーするタイルブロックに幅を合わせてます。
マーキュリーの骨組み
 前輪はちょっと特殊な組み方してます。1面スタッドブロックに蛇口パーツをつけて、そこにLEGO Technicのコネクターペグを差し込んでます。ここは脆そう……。他にも拡声器なんかの取っ手部分とかT字パイプなんかもはまったりするみたいですが、アクセサリー部品はあんまり保持力なさそうですよね、構造的に。カーブブロックは水平穴クリップの両側に向かい合わせで接続して、ボンネットを再現してます。
マーキュリーの前輪内部構造
 今回はこれ一台だけです。ホントはもう一台作ってましたが、フロントの構造が結局わからずにギブアップ。世の中、凄い柔軟な頭の人がゴロゴロ居るんだなと感心しました。
50年式フォード・マーキュリークーペ1
スポンサーサイト

| レゴミニカー | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tokidokikoushinnsho.blog111.fc2.com/tb.php/177-1589c1a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。